任意売却と競売の違いとは

任意売却と競売の違いとは

任意売却と競売の違いとはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

競売というのは、住宅ローンの等の金融機関からの融資を返済できなくなった場合、融資の担保に入れている建物や土地を裁判所が法的処置として売却し、返済の足しにするというものです。この売却される建物は、市場価格よりの半額くらいで売られてしまいますので、たいていは借金が残ってしまいます。

一方、任意売却は融資を受けている人が、金融機関との合意の下で売りに出すというもので、文字通り任意売却ですからいわくつき物件として扱われることがないため、ほとんど市場価格で売りに出すことができます。任意売却は、競売とは違ってよい条件で売りに出すことができるため、ローンで困っている人はまずは任意売却をする方向で話を進めていきましょう。

任意売却業者を選ぶコツ

任意売却を行うための業者を選ぶときには、信頼できる業者であるのかもしっかりと見極めておく必要があります。


まず、任意売却の業者を選ぶときには、相談に対応するスタッフが専門的な知識を有しているのかチェックしておきましょう。

不動産に関する資格を有していたり、質問に対しても的確な答えが返ってくるようですと、任意売却に関しての専門的な知識を持っているとして、おまかせすることができますよ。


また、何でもできると安請け合いするのではなく、無理なことはしっかりと伝えてくれるようですと、その状況に合わせた対策を打つことができ、結果的には最善の方法で解決させることができます。

このように、任意売却を行う時には、任意売却についての詳しい知識を持っている業者を選ぶとようにしましょう。