離婚にともなう任意売却

離婚にともなう任意売却

任意売却をする際に、トラブルの原因として多いのが、連帯債務者や連帯保証人です。

任意売却では、住宅の売却にあたって債務者本人の承認が必要なので、連帯債務者や連帯保証人が売却に同意しない場合は、任意売却をすることができず、競売にかけるしかなくなってしまいます。

特に多いケースとしては、離婚に伴う任意売却です。夫婦仲が悪化して、連帯債務者である別れた奥さんと連絡がつかない、あるいは同意を得られないといった場合、任意売却の手続きを進めることができなくなってしまいます。連帯債務者や連帯保証人は、離婚によって解消されるものではないので、逆に、離婚したいけどローンが多く残っているので話しが進まない、といった場合もあります。任意売却は債務者の状況に応じた柔軟な対応が可能なので、まずは専門家に相談しましょう。

任意売却をどうしても行いたくない方

どうしても任意売却を行いたくない方もいると思います。任意売却をすることによって、物件を手放してしまうという点がありますが、これまで苦しまれていたローンもある程度軽減する事ができますし、新しい気持ちで再出発する事ができます。それが分かっていても、事情により任意売却を行いたくないと考えている方もいます。どうしても任意売却を行いたくないのでしたら、まずは住宅ローンの見直しを行った方がいいです。現在契約している住宅ローンよりもお得な住宅ローンがある場合には、そちらに変更する事によって、任意売却を行う必要がなくなる可能性があります。もう一つの方法としましては、節約する事ができる部分は極力節約し、できる限り収入を増やす方法です。この方法を実施するのは、かなり難しいですが、成功すると任意売却を行わなくても、住宅ローンを今まで通り支払う事ができるようになります。どうしても任意売却したくない場合の方法を簡単に書きましたが、どうしても問題点が解消できない場合は、素直に任意売却を行った方がいいです。