競売開始決定の通知が来る前に

競売開始決定の通知が来る前に

任意売却をしようかどうか悩んでいる人は、競売開始決定の通知書にだけは注意してください。

この通知は裁判所から送られてくるもので、この通知が来たということは、差し押さえがすでにされたということを意味します。

この段階から、競売に向けて、着々と準備が進行していき、競売業者が見学しに来たり、裁判所執行官が調査に来たりします。

競売開始決定の通知が来た段階が、現実的には任意売却を開始できる最後のチャンスです。

それ以上、待つと任意売却が間に合わなくなりますし、競売の準備が進むほど、精神的負担も大きくなってしまいます。

できれば、競売開始決定の通知が来る前の段階で、任意売却の準備を進め、最悪でも、競売開始決定が来たら、すぐ任意売却の決断をし、手続きを進めるようにしましょう。

任意売却の際には管理費等の支払いを止める

マンションに住んでいる方は、任意売却を決めた段階で、管理費等の支払いを止めるようにしましょう。

管理費等の支払いを辞めてもよい理由は、任意売却の場合には管理費等の滞納をほとんどの債権者が控除経費として認可しているからです。

任意売却を行う人の中には、近所の目を気にして、「管理費だけは何とか支払いを継続したい」と言うような方も多くいます。

もちろん、払うのが可能であれば、支払いを継続したほうがいいのは言うまでもありません。

しかし、毎月の管理費が2万~3万円というのは相当大きな負担で、任意売却が1年近くなると、合計の支払い金額は数十万円にもなります。

任意売却を行う場合には、生活を優先させるためにも、一時的に管理費等の支払いは止めることが望ましいでしょう。