競売手続き中の物件

競売手続き中の物件

競売手続き中の物件の任意売却を行うことは困難です。

任意売却を行う場合には、競売にさせないように債権者に対して対応することが必要です。

例えば、債権者と緊密に連絡を行うとか、債権者に感情的に対応しないというような配慮が任意売却の場合には求められます。

任意売却の場合には、順位が後であるような担保権者が、抵当権を抹消することを認可しないこともあります。

任意売却の場合には、担保権を全て抹消しなければなりません。

しかしながら、いつまでも抹消することを許可しない債権者も多くいます。

一般的には、ある程度の担保権の解除料を払うと解消されます。

しかし、競売での債権回収を要求する保証会社や銀行がいることも現実です。

そのような場合には、任意売却が競売よりも有利などと債権者に説得しても無駄であるため、別の方法を考える必要があります。

任意売却と債務整理の違いとは

住宅ローンの返済が滞ってしまった時、任意売却と債務整理どちらを選んでいいのか迷ってしまいますね。

まず債務整理の場合、金融業者から借り入れているお金の返済が困難になった時、債権者と話し合うことで利子を減額してもらったり、返済額自体を減らしてもらうことができます。

この手続きについては、弁護士などの法律の専門家に依頼することが一般的です。

一方任意売却の場合、住宅を売却することで、そのお金を住宅ローンの返済などに充てることができます。

任意売却の場合、任意売却専門業者に頼むことが多いですし、一般的な相場とあまり変わらない金額で家を売ることができるため、金銭的な困窮状態からも抜け出すことが可能です。

このように、任意売却と債務整理は大きく違ってきます。

住宅ローンなどの不動産に関わる悩みを抱えているときには、任意売却を行ってみるとよいでしょう。