不動産投資におけるリスクについて

不動産投資におけるリスクについて

資産を増やす方法は色々あります。不動産に投資することもその1つの方法です。不動産の投資はローリスク、ロングリターンと言われていますが、当然リスクもあります。

まずは、収入に対するリスクです。日本はこれから人口がどんどん減っていくので、借り手が少なくなっていきます。そのため投資した不動産も空室になったりして予定の賃料が得られないリスクがあります。景気も依然不安定なので、賃料の滞納があるかもしれません。

支出に対するリスクも当然あり、急な修繕費が必要になる場合もあります。不動産の投資はすぐに現金化するのも難しいですし、災害などで急に土地の価格が下がる可能性もあります。

社会的な不動産のリスクとしては、法制度や税制度が変わる可能性です。

不動産の投資はリスクをうまく回避しながら、行うようにしましょう。

注目される不動産投資

不景気な世の中、副業として不動産投資をする人が増えているそうです。


不動産投資とはマンションやアパートなどの不動産を経営し、その家賃収入で利益を得るという他の投資商品と比べるとミドルリスク、ミドルリターンの投資法のことです。


不動産投資は物件の賃料物価にも連動しているので、安定しているといわれています。

また賃貸契約は複数年続くのが普通です、家賃の取りこぼし少ないので、不動産投資をする建物の立地などが影響はするもののリスクとしては比較的低いと思われます。


不動産投資による家賃収入は、他の投資と比べても比較的安定した収入が見込めるので、価値が安定している資産を得ることができ、更に生命保険などの保険や年金などの代わりになりえるといったメリットもあります。

安定した収入が見込める副業をお探しの方は是非検討してみてはいかがでしょうか?

【東京都下(市部)】